コンテンツにスキップする

NY外為(16日):ユーロ下落、域内景気懸念で周辺国債に売り

ニューヨーク外国為替市場ではユー ロが大半の主要通貨に対して下落。域内経済は低迷が続くとの観測を背 景に、周辺国の国債が売られたことが背景。

ユーロは対ドルで2週間の下げとしては昨年11月以来の最大を記録 した。ギリシャ国債相場は下落。同国の世論調査で連立政権が支持を失 いつつあることが示された。金融支援からの脱却を準備しているポルト ガルの国債も下げた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、6 月の次回会合で追加緩和を実施する用意があることを示唆した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのテクニカルスト ラテジスト、マクニール・カリー氏は電子メールで「対ドルでユーロ売 りを勧める当社の意見は変わっていない」と指摘。「欧州資産価値の低 下と弱い相場の動きは、トレンドが反転したことを示している」と続け た。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.1%安 の1ユーロ=1.3694ドル。ユーロは対円で0.2%安の1ユーロ=139円ち ょうど。一時は138円78銭と2月12日以来の安値をつけた。円は対ドル で0.1%高の1ドル=101円50銭。

商品先物取引委員会(CFTC)によると、ヘッジファンドなど大 口投機家のユーロのポジションは3カ月ぶりに売り越しに転じた。13日 時点でユーロのネットショート(売り越し)は2175枚。前週は3万2551 枚のネットロング(買い越し)だった。

米経済指標

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.1%低下の1008.12。12日以来の低水準となった。

4月の米住宅着工件数は前月比で増加し、昨年11月以来の高い水準 を付けた。特に集合住宅の着工件数が大幅に増加した。

5月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は81.8と、前月の84.1から低下した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会 (FOMC、4月29、30両日開催)の議事録を来週公表する。

ユーロは対円で週間ベースでは0.8%安。対ドルでは0.5%下げた。

ギリシャ10年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の6.86%。同国の政局不安で改革が妨げられるとの懸念 が強まった。ポルトガル10年債利回りは4bp上昇の3.74%。

「弱気」

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「ユーロに関する材料は弱気なものだ」と指 摘。「ユーロショートを積み上げる余地はある。先週からそのようなポ ジションが組まれ始めている」と述べた。

15日に発表された1-3月のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値 は前期比0.2%増と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の半 分の伸びにとどまった。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重指数によれ ば、ユーロは今年に入って1.4%安。ドルは1%下落。円は3.1%高とな っている。

原題:Euro Drops as Peripheral Bonds Fall Amid Economic Pace Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE