香港:1-3月GDP、前期比0.2%増-12年以来の低成長

香港経済は1-3月(第1四半期) に前期比でプラス成長を確保したものの、2012年4-6月(第2四半 期)に記録したマイナス成長以来の低成長にとどまった。輸出の不振が 響いた。

香港当局がウェブサイトで16日発表した1-3月の域内総生産 (GDP)は前期比0.2%増と、ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト11人の予想中央値(0.4%増)を下回った。12年4-6月 期は0.1%減だった。

今年1-3月期のGDPは前年同期比では2.5%増加。当局は今年 後半には世界経済の回復が寄与するとして、年間成長率予想を3-4% に据え置いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE