コンテンツにスキップする

コーエン氏のSAC、ヤフーやブラックベリー株を購入

スティーブン・コーエン氏のヘッジ ファンド会社、SACキャピタル・アドバイザーズは1-3月(第1四 半期)に、ハイテク株や消費関連株を買い増す一方、工業株の保有を減 らした。同社は、4月に社名を「ポイント72アセット・マネジメント」 に変更。一族の資産を管理するファミリーオフィスに転身した。

当局への届け出によると、SACは1-3月期に9100万ドル(約92 億4000万円)相当のブラックベリー株を取得。ヤフー株は717万株買い 増し969万株の保有としたという(3月末時点での時価ベースの価値は 3億4780万ドル)。

インサイダー取引をめぐる米当局との合意の一環として投資家に資 金を返還し、同社の運用資産は2月1月時点で119億ドルと2013年初め の150億ドルから減少した。

届け出によると、SACは中国の検索サイト、百度(バイドゥ)の 保有は152万株増の167万株(時価ベースの価値は2億5430万ドル)とし た。一方、エンジニアリングのフォスター・ホイーラーと半導体メーカ ーのブロードコムの株式は全て手放したという。

原題:Cohen’s SAC Bought Yahoo!, Blackberry as Firm Cut Industrials(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE