コンテンツにスキップする

ソロス氏などのヘッジファンド、金融株への投資縮小-1-3月

資産家ジョージ・ソロス氏のソロ ス・ファンド・マネジメントや、チューダー・インベストメントといっ た資産運用会社が1-3月(第1四半期)に金融株の保有を減らした。 低調な決算を受けて多くの金融株が急落する前に売り抜けた形だ。

当局への15日付の届け出によると、ソロス・ファンド・マネジメン トは保有するJPモルガン・チェースとシティグループ、バンク・オ ブ・アメリカ(BOA)株を全て売却した。JPモルガンの株価は3月 末以降12%、BOAは15%それぞれ下げている。

ゴールドマン・サックス・グループやJPモルガン、BOAなど一 部の米銀大手は債券トレーディーング事業の不振が1-3月期の業績を 押し下げた。この流れは4-6月(第2四半期)も続く可能性がある。 JPモルガンは今月初め、債券・株式トレーディング収入が前年同期比 で約20%落ち込むとの見通しを示した。

このほかの届け出によると、ボストンを拠点とするヘッジファン ド、アローストリート・キャピタルは1-3月期にJPモルガンへの投 資から撤退し、シティとBOAの持ち株を縮小した。同じくボストンが 拠点のアディージ・キャピタル・マネジメントもBOAとゴールドマ ン、モルガン・スタンレーの株式を売却。ジョナサン・ジェーコブソン 氏率いるハイフィールズ・キャピタル・マネジメント(ボストン)は JPモルガン株を売り払ったが、シティ株を買い増した。

ポール・チューダー・ジョーンズ氏のチューダー・インベストメン トはゴールドマンとJPモルガン株の持ち分を増やす一方で、シティ、 PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ、BOAの株式保有を 減らした。

原題:Soros Joins Hedge Fund Retreat From Bank Stocks in First Quarter(抜粋)

--取材協力:Elizabeth Dexheimer.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE