コンテンツにスキップする

UBS、中国国際金融の蒋国栄氏を中国担当で採用-関係者

中国国際金融(CICC)の投資銀 行部門執行会長を務める蒋国栄氏がUBSに入社する。事情に詳しい複 数の関係者が明らかにした。

情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところで は、同氏はUBSの中国投資銀行部門で上級ポストに就くという。

香港取引所のウェブサイトによれば、蒋氏は米コーネル大学で経済 学博士号を取得。2009年6月から香港証券取引所の上場委員会メンバー を務めている。国際決済銀行(BIS)や国際通貨基金(IMF)、香 港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)に勤務した経歴も持つ。

UBSの香港在勤広報担当、ロブ・スチュワート氏はコメントを控 えた。CICCの北京在勤広報担当者からのコメントは今のところ得ら れていない。同担当者は社の方針として匿名を希望している。蒋氏の携 帯電話に3回電話したが今のところ返答はない。

原題:UBS Said to Hire CICC’s Jiang for China Investment Banking Role(抜粋)

--取材協力:Cathy Chan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE