コンテンツにスキップする

ジェットコースターのようなニッケル急落続く-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、今年のニッケルのジェットコースターのような急落は終わりそう にないと予想する。ニッケル価格が2年ぶりの高値に上昇したことによ り製錬能力が増強される一方、鉄鋼メーカーの購買意欲が低下している ことを理由として挙げた。

ニッケル価格は14、15の両日で11%急落。ゴールドマンは、向こう 1年間でさらに15%下げ1トン当たり1万6000ドルになると予測してい る。世界最大の鉱石供給国であるインドネシアの輸出規制に加え、対ロ シア経済制裁をめぐる懸念を背景に、ニッケル価格は今年、最大56%上 昇した。ニッケル製錬最大手のノリリスク・ニッケルはロシアを拠点と する。

一方、取引所の指定倉庫の在庫は増加したため、一部の投資家は価 格上昇が行き過ぎと判断。ゴールドマンが15日に電子メールで送信し た14日付リポートによると、中国はインドネシアでニッケル地金の低品 位の代替であるニッケル銑鉄の生産能力を「積極的に」増強する見通 し。ステンレス鋼メーカーからの需要が後退していることも価格の「下 振れリスク」になるとの見方を示した。

ロンドン金属取引所(LME)のニッケル先物(3カ月物)の15日 終値は1万8750ドル。13日には2万1625ドルと、2012年2月以来の高値 を付けた。

原題:Nickel’s Roller-Coaster Plunge Seen Extending by Goldman Sachs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE