日本株は続落、欧米景気の懸念と円高推移-東証全業種が安い

東京株式相場は続落。米国やユーロ 圏景気の先行きに加え、為替の円高推移、地政学リスクなどに警戒感が 強く、投資家の間でリスク回避姿勢が広がった。金融や輸出関連セクタ ー、情報・通信、石油株など東証1部33業種は全て安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: