コンテンツにスキップする

ポールソン氏、金投資を継続-ウクライナ情勢緊迫で価格上昇

資産家でヘッジファンド運用者のジ ョン・ポールソン氏は、金に連動する上場取引型金融商品(ETP)と しては最大の「SPDRゴールド・トラスト」の持ち高を維持してい る。ウクライナとロシアの対立が深まる中、金価格は上昇した。

米政府当局への15日の届け出によると、SPDRゴールド・トラス トへの最大の投資家、ヘッジファンド運営会社ポールソンの持ち高は3 月31日時点で1023万口。持ち高はここ3四半期、変化していない。

金相場は今年7.6%上昇。昨年は年間ベースで28%安と、1981年以 降で最大の下落を示した。ロシアがウクライナからクリミアを編入する 中、相場は3月に半年ぶりの高値に上昇。冬季に米国が例年にない寒波 に見舞われ景気に影響が及んだことも、金相場の上昇につながった。

1200億ドル(約12兆2000億円)相当の資産を運用するUSバンク・ ウェルス・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、ロブ・ハワース 氏(シアトル在勤)は「米景気の改善が滞るとの観測から金投資への戻 りも見られ、ウクライナ危機も一部の投資家を引き付けている」と述べ た。

原題:Paulson Sticks With Gold Stake as Price Gains on Ukraine Tension(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE