米ウーバー:資金調達目指す、企業価値100億ドル超にも-関係者

携帯端末向け配車アプリを手掛ける 米ウーバー・テクノロジーズは、企業価値が100億ドル(約1兆200億 円)超に上るグループに仲間入りしようとしている。

事情に詳しい複数の関係者によると、サンフランシスコを拠点とす る新興企業のウーバーは新たな資金調達に向けて交渉中。同社の企業価 値は100億ドルを超えると評価される可能性がある。そうなれば、2 億5800万ドルの資金を集めた昨年時点の企業価値(35億ドル)の約3倍 となる。

ウーバーは10億ドル弱の調達に向けて新たなプライベートエクイテ ィ(PE、未公開株)投資家と交渉していると、関係者の1人が匿名で 語った。資金調達の規模は変動する可能性があるという。ウーバーの代 表者はコメントを控えた。

企業価値が100億ドル超と評価されている未公開企業は少ない。ル ームシェアサービスのエアビーアンドビーやオンライン・ストレージサ ービスのドロップボックスが最近の資金調達で100億ドルとの評価を得 た。一方、ブルームバーグのデータによれば、S&P500種株価指数を 構成するハイテク企業の時価総額中央値は約160億ドル。

ウーバーは、パリ旅行中にタクシーがつかまらなかった経験からト ラビス・カラニック氏とギャレット・キャンプ氏が2009年に創業した。 ベンチマーク、TPGキャピタル、グーグル・ベンチャーズなどの投資 家からこれまでに3億750万ドルを集めた。世界115都市でサービスを展 開し、従業員は900人。運転手から20%の手数料を取っている。

原題:Uber Said to Be in Funding Talks for More Than $10 Billion Value(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE