コンテンツにスキップする

米国株:続落、小型株の売り続く-ウォルマート安い

米株式相場は続落。ダウ工業株30種 平均は1カ月で最大の下げとなった。小型株の売りが続いたほか、ウォ ルマート・ストアーズの利益見通しが市場予想を下回ったことが嫌気さ れた。

ウォルマートは2.4%安。リンカーン・ナショナルなど保険会社も 下落。米10年債利回りの低下が手掛かりとなった。ゼネラル・モーター ズ(GM)は、新たに270万台のリコール(無料の回収・修理)を発表 したことが嫌気され、売られた。シスコシステムズは上昇。売上高見通 しがアナリスト予想を上回った。

S&P500種株価指数は前日比0.9%安の1870.85と、1カ月で最大 の下げ。ダウ工業株30種平均は167.16ドル(1%)下げて16446.81ドル と、下落率は4月10日以降で最大。小型株で構成するラッセル2000指数 は0.7%下落。一時は1.9安となった。

ウェドブッシュ・セキュリティーズの株式トレーディング担当マネ ジングディレクターのマイケル・ジェームズ氏は「慎重かつ神経質とい うのが今主流のセンチメントだ」とし、「リターンを得ようという動き よりも、資産の保全といった向きが強い。慎重さを要する時期だ」と述 べた。

S&P500種は13日に過去最高値1897.45で終了して以降、1.4%下 げている。4月11日の安値からは最大4.5%戻した。

インターネット株、小型株

ラッセル2000指数はこの3日間で3.3%下落。12日には2.4%上げて いた。この日は一時、3月の高値からの下落率が10%に達した。終値ベ ースで下落率が10%に達した場合は、調整局面入りとされる。

ダウ・ジョーンス・インターネット指数は0.6%安で3日続落。3 月に付けた13年ぶり高値からは18%下げている。

この日発表された経済指標では、4月の米鉱工業生産指数が市場予 想に反して前月比で低下した。指数全体の75%を占める製造業が落ち込 んだほか、気温の上昇に伴い公益事業が低下したことが影響した。製造 業の生産指数は0.4%低下した。

一方でニューヨーク連銀が発表した5月の同地区の製造業景況指数 は19.0と、前月の1.3から上昇した。

先週の米新規失業保険申請件数は前週比で大きく減少し、7年ぶり の低水準。4月の米消費者物価はここ1年近くで最大の伸びとなった。

「成長減速期」

ハンティントン・アセット・マネジメント(オハイオ州コロンバ ス)の最高投資責任者(CIO)、ランディ・ベイトマン氏は「素晴ら しいといえるニュースは特にない」とし、「成長減速期ということだ。 投資家の熱意をかき立てる材料が出てこない限り、レンジ内での取引と なるだろう」と述べた。

S&P500種の業種別10指数では9指数が下落した。

小売り最大手のウォルマートは2.4%安の76.83ドル。同社の5-7 月(第2四半期)利益見通しはアナリスト予想を下回った。米国内の販 売鈍化への対応を同社は迫られている。

リンカーン・ナショナルは5.2%安の47.41ドルと、12年以来の大幅 な下落率。保険株の指数は1.4%下げた。米国債市場では10年債利回り が5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.50%となっ た。

GMは1.7%安の34.36ドル。同社は新たに270万台のリコールを発 表。数百件もの苦情につながったブレーキライトの不具合によるリコー ルが含まれる。これで今年これまでの同社リコールは計1110万台に達し た。

シスコは6%高の24.18ドルだった。

原題:U.S. Stocks Decline as Small Caps Slide, Wal-Mart Results Miss(抜粋)

--取材協力:Namitha Jagadeesh、Zachary Tracer、Callie Bost.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE