NY金:反落、1週間ぶり大幅安-米失業保険申請が減少で

ニューヨーク金先物相場は反落。1 週間ぶりの大幅安となった。米新規失業保険申請件数が7年ぶりの低水 準となり、景気回復が示唆される中、安全資産としての金買いが減退し た。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「失業保 険申請件数が30万件を下回ったのは大事なことで、経済が回復の兆しを 見せているとの確信が広がっている」と指摘。「景気が順調なときは、 金のような資産に逃避する必要はない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.9%安の1オンス=1293.60ドルで終了。中心限月として は7日以来の大幅下落となった。

原題:Gold Drops as U.S. Jobless Claims Fall to Lowest in Seven Years(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim、Nicholas Larkin、Andre Janse van Vuuren.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE