コンテンツにスキップする

欧州株:1カ月ぶり大幅安-ユーロ圏成長率が予想下回る

15日の欧州株式相場は1カ月ぶりの 大幅安となった。ユーロ圏の1-3月(第1四半期)成長率が予想を下 回ったことが嫌気された。決算を発表したドイツポストやトーマス・ク ック・グループの下げが目立った。

郵便サービスのドイツポストはここ2年で最大の値下がり。第1四 半期の利払い・税引き前利益(EBIT)が予想に届かなかった。英旅 行サービスのトーマス・クックは約2年ぶりの大幅安。上期売上高が前 年同期比6.6%減少した。一方、スイスの高級品メーカー、フィナンシ エール・リシュモンは1年ぶりの大幅上昇。増配方針が好感された。ス ウェーデンの衣服小売り、ヘネス&マウリッツ(H&M)は昨年9月以 来の大きな値上がり。4月の売上高が予想を上回ったことが買い材料。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%安の338.50で終了。13日には 約6年ぶり高値を付けていた。

リサーチ・アンド・アセット・マネジメント(チューリヒ)のオッ トー・バサー最高投資責任者(CIO)は電話インタビューで、「ポジ ティブな材料の勢いがない」とし、「ユーロ圏のGDP成長率にはがっ かりさせられた。企業業績は非常にまちまちだ」と語った。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が発表した1-3月の ユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は前期比0.2%増と、ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の半分の伸びにとどまった。

15日の西欧市場では18カ国中16カ国で主要株価指数が下落。英 FTSE100指数は0.6%、独DAX指数は1%それぞれ下げ、仏 CAC40指数は1.3%安となった。

原題:European Stocks Decline as Euro-Area GDP Growth Misses Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE