コンテンツにスキップする

4月米消費者物価指数:10カ月で最大の伸び、前年比2%上昇

4月の米消費者物価はここ1年近く で最大の伸びとなった。

米労働省が発表した4月の消費者物価指数(CPI、季節調整済 み)は前月比0.3%上昇と、昨年6月以降で最大の伸び。伸び率はブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値と一致 した。

前年比では2.0%上昇と、前月の1.5%上昇から加速した。金融政策 を決定する米連邦公開市場委員会(FOMC)は個人消費支出 (PCE)価格指数を基準にして前年比2%上昇を目標としている。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・ スウィート氏は「インフレはやや低過ぎの状況だった。今回若干加速し たことは、金融当局には良い動きと捉えられるだろう」と分析。「イン フレの加速ペースは向こう1年間、ゆっくりと安定したものになる」と 予想した。

食品が押し上げ

4月のCPI総合指数を項目別にみると、食品が前月比0.4%上昇 と、3カ月連続で同率の伸び。食肉は2.9%上昇と、03年11月以来の大 幅な伸びとなった。豚肉の値上がり率は1986年7月以来で最大。エネル ギーは前月比0.3%上昇した。

食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.2%上昇。同指数は 前年比で1.8%上昇(前月1.7%上昇)した。

労働省がこの日発表した別の統計によると、4月のインフレ調整後 の平均時給は前月比0.3%減少した。前月は0.1%減。

い。

原題:Consumer Prices in U.S. Rose in April by Most in 10 Months (1) (抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE