15日のインド株式相場は上昇した。 4月のインフレが予想に反して鈍化したことが手掛かり。16日発表の総 選挙結果も注目されている。

インド最大の鉄鋼会社、タタ・スチールは2年ぶり高値を付けた。 予想を上回る利益が買い材料。サン・ファーマシューティカル・インダ ストリーズは約2週間ぶりの大幅高。同社の米部門とノバルティスが訴 訟で和解したことが背景にある。

ムンバイ市場のS&Pセンセックス指数は前日比90.48ポイント (0.4%)高の23905.60で終了。

インド商工省が発表した4月の卸売物価指数(WPI)は前年同月 比5.2%上昇。市場予想は5.7%上昇だった。

原題:Most Indian Stocks Gain Before Election Results; Rupee Rallies(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE