コンテンツにスキップする

香港株(終了):ハンセン指数が6日続伸-テンセント高い

香港株式市場ではハンセン指数が6 営業日続伸と、1月以来で最長の上昇局面となった。1-3月(第1四 半期)利益が市場予想を上回ったテンセント・ホールディングス(騰 訊)が買われた半面で、不動産株は反落した。

15日付で株式分割を実施したテンセント(700 HK)は5.8%高。 MSCI中国指数構成銘柄への追加が発表されたキングソフト(金山軟 件、3888 HK)が6.1%高。

一方で同指数からの除外が発表された首鋼福山資源集団(639 HK) は大きく下げた。中国が不動産市場を支援するとの期待感から前日まで 買われていたチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK) は2.7%下げた。

ハンセン指数は前日比148.09ポイント(0.7%)高の22730.86で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%安の9971.24。

フィリップ・キャピタル・マネジメントのファンドマネジャー、ル イス・ウォン氏は、「株価の好調持続は中国が追加の景気刺激措置を打 ち出すかどうか次第だ」と指摘した。

原題:Hong Kong Stocks Advance Sixth Day on Tencent; Developers Drop (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE