コンテンツにスキップする

中信泰富、戦略投資家への株式売却で合意-総額5200億円

香港の中信泰富(CITICパシフ ィック)は、51億米ドル(約5200億円)相当の同社株式を取得すること に15の投資家が同意したと発表した。これには中国の全国社会保障基金 理事会が含まれる。中信泰富は親会社から360億米ドル相当の資産取得 を計画している。

香港取引所への届け出によると、全国社会保障基金理事会が168億 香港ドル(約2200億円)相当の中信泰富株を取得し、中国人寿保険も5 億米ドルを出資する。カタールやシンガポールの政府系投資会社なども 出資する。

中信泰富は親会社からの資産取得のほか、市場での売買が可能な浮 動株の数を回復させるために資金を調達する。同社は先月、親会社の国 有企業、中国中信集団(CITICグループ)から資産を取得すると発 表していた。本土から香港子会社への資産注入としては最大規模とな り、中国政府系企業による同様の動きのモデルとなる可能性がある。

届け出によると、中信泰富は15の投資家に29億3000万株を1株当た り13.48香港ドルで売却する。売却価格は14日の香港市場での同社株の 終値を3%下回る水準。

原題:Citic Pacific to Sell $5.1 Billion Stake to Strategic Investors(抜粋)

--取材協力:Jonathan Browning.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE