コンテンツにスキップする

中国公安省:グラクソめぐる汚職疑惑、検察が捜査へ

中国の警察当局は英製薬会社グラク ソ・スミスクラインの中国事業をめぐる汚職捜査を検察当局に委ねた。 同事業を率いていた英国人幹部が医師や病院、医療機関に不正な支払い をするよう従業員に命じていた疑いがあるとしている。

中国公安省の当局者は14日、匿名を条件に北京で記者説明会を開 き、 賄賂を贈っていた販売部門の設立・拡充に元幹部のマーク・ライ リー氏が関与していたと説明した。グラクソは電子メールで、当局の捜 査に引き続き全面的に協力していくと表明した。

中国当局によるグラクソ捜査は、同社の中国販売に打撃となってい る。グラクソは昨年12月、販売担当者への報酬制度を変更し、講演や医 療関連会議出席で医師に謝礼金を支払うのをやめると発表した。

--取材協力:Natasha Khan、Li Liu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE