コンテンツにスキップする

南アのストで供給懸念、パラジウム先物が2年9カ月ぶり高値

ニューヨーク市場のパラジウム先物 相場が2011年8月以来の高値を付けた。世界2位の生産国である南アフ リカ共和国からの供給に支障が出るとの懸念が要因。

英ロンミンと南アのアングロ・アメリカン・プラチナム、インパ ラ・プラチナム・ホールディングスの労働組合のうち、最大組織である 鉱山労働者・建設組合連合(AMCU)のメンバーが1月23日からスト ライキに入っている。

南アでのストの影響で供給がさらに不足するとの懸念を背景に、パ ラジウム価格は年初来で15%上昇している。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウム先物6月限終 値は前日比1.4%高の1オンス当たり828.80ドル。一時は829.20ドル と、中心限月としては11年8月3日以来の高値を付けた。

原題:Palladium Rises to 33-Month High on South Africa Supply Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE