コンテンツにスキップする

米ディーア:通期の売上高見通しを下方修正、機械出荷減で

農業機械メーカー最大手、米ディ ーアの2-4月(第2四半期)決算は売上高が予想を下回った。同社は 通期(2013年11月-14年10月)の売上高見通しを下方修正した。機械の 出荷減少に加え、ドル安が影響した。

同社の14日発表によると、2-4月期の機械売上高は92億5000万ド ル(約9430億円)と、前年同期の103億ドルから減少。ブルームバーグ がまとめたアナリスト12人の予想平均である96億5000万ドルも下回っ た。

通期については機械売上高が約4%減少するとの見通しを示した。 従来予想は3%前後の減少だった。為替相場が約1ポイントの悪影響を 及ぼしたという。

ディーアは農業経済について「比較的健全」だとしながらも、農家 の収入減少が特に大型機械の売り上げに影響していると指摘した。米農 務省の予測によると、トウモロコシは過去最高の収穫を受けて過去1年 に値下がりし、農家の今年の純現金収入は22%減少する見込み。

2-4月期の利益は1株当たり2.65ドルと、前年同期の2.76ドルか ら減少したものの、アナリスト予想の2.49ドルは上回った。ディーアは 通期の純利益予想を33億ドル前後で維持した。

原題:Deere Cuts Sales Forecast After Decline in Equipment Volumes (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE