コンテンツにスキップする

英失業率:1-3月は6.8%に低下、5年ぶり低水準-予想通り

英国の今年1-3月の失業率 は6.8%に低下し、5年ぶり低水準となった。イングランド銀行(英中 央銀行)の利上げ開始時期をめぐる議論が高まりそうだ。

英政府統計局(ONS)が14日発表した国際労働機関(ILO)基 準の1-3月の失業率は6.8%と、昨年12月-今年2月の6.9%から低 下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値と一 致した。

英中銀での勤務経験があるベレンベルク銀行(ロンドン)のエコノ ミスト、ロブ・ウッド氏は「過去最低の政策金利はますます不必要にな りつつある」とし、英中銀はこの日発表する四半期物価報告で「3カ月 前に想定したよりも早期の利上げを黙認」するだろうと語った。

同時に発表された失業保険申請ベースの4月の失業者数は前月比2 万5100人減と、減少幅はエコノミスト予想(3万人)より小さかった。 これに基づいた失業率は3.3%と、2008年以来の低水準となった。

原題:U.K. First-Quarter Jobless Rate Falls to Five-Year Low of

6.8%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE