コンテンツにスキップする

米ボーイング:中国LCCから「737」50機受注-3900億円相当

米ボーイングは中国の上海吉祥航空 が設立した格安航空会社(LCC)に航空機「737」を計50機売却す る。ボーイングの料金表に基づけば少なくとも38億ドル(約3900億円) 相当の取引となる。LCCをめぐる中国政府の規制緩和を受けて受注拡 大の期待が高まっている。

ボーイングが電子メールで送付した発表資料によれば、吉祥航空傘 下のLCCの受注には「737」と「737マックス」の次世代モデルが含ま れている。同LCCの幹部からコメントは得られなかった。

エアバス・グループは2032年までに中国が米国を抜いて世界最大の 航空機市場になると予想。オーストラリアのカンタス航空や中国東方航 空などの航空各社は中国のLCCへの投資を進めている。中国の民用航 空局は今年2月、LCCを奨励するため規制を緩和し、税控除を検討す ると表明した。

原題:Boeing Wins $3.8 Billion 737 Order Amid China Travel Boom (1)(抜粋)

--取材協力:Kyunghee Park.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE