コンテンツにスキップする

香港株:H株指数、3週間ぶり高値-中国の景気対策期待で

香港株式相場は上昇。ハンセン中国 企業株(H株)指数が3週間ぶりの高値を付けた。中国政府が不動産市 場支援と景気下支えのために追加措置を講じるとの観測が広がった。

香港に上場している中国本土の不動産会社で最大手の中国海外発展 (688 HK)は4.1%高。中国人民銀行(中央銀行)が本土の大手銀行に 住宅融資を迅速に進めるよう要請した。中国本土最大のセメントメーカ ー、安徽海螺水泥(914 HK)は2.3%高。

H株指数は前日比1.4%高の9991.61で引け、終値としては4月22日 以来の高値となった。ハンセン指数は230.39ポイント(1%)高 の22582.77。

ABNアムロ・プライベート・バンキングのアジア株調査責任者、 ダフニ・ロス氏(シンガポール在勤)は「中国で弱めのマクロ経済統計 が発表されれば一定の景気刺激策が促されるとの期待感がある」と語っ た。

原題:China H-Shares Cap Three-Week High on Property, Stimulus Bets (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE