コンテンツにスキップする

架空のパスポートが富豪たちをいざなう-香港アートフェア

香港のコンベンションセンターで開 催される美術フェア「アート・バーゼル香港」の会場では、ゲストが 「ジンバン共和国」の市民権を即座に申請できるブースがある。

1万米ドル(約100万円)を支払うと、パスポートと「市民の箱」 と呼ばれるアルミニウム製のブリーフケース、ジンバンの国旗を手に入 れることができる。ジンバンは中国人アーティストの孫遜が創作したそ の場限りの国家だ。孫の展示品は芸術や商業、国家への風刺を表現して いる。

インドネシア富豪のブディ・テク氏や香港の新世界集団の御曹司、 エイドリアン・チェン氏、米キャニオン・キャピタル・アドバイザーズ のミッチェル・ジュリス共同会長ら美術品収集のエリートたちが香港に 集まってくる。同フェアの保険を手掛けるアクサ・アートによると、総 額10億米ドルを超える美術品が販売される。

アート・バーゼル香港は15日から一般公開される。39カ国から245 カ所のギャラリーが参加し主に現代美術作品が展示される。14日には VIPを対象に一足早く内覧会が開かれる。

香港では毎年この時期、倉庫の屋上やプールサイド、駐車場など で25カ所以上のギャラリーがオープンし、美術品のチャリティーオーク ションや討論会、シャンパンが供されるパーティーなどが開かれ美術愛 好家らでにぎわう。

原題:Art Basel Hong Kong Beckons Billionaires With $10,000 Passports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE