コンテンツにスキップする

個人もヘッジファンド並み投資可能に-新たなETFの取引認可

あなたの祖母が貯金をまとまったク レジットデリバティブに投資したいと思えば、新しい上場投資信託 (ETF)を利用するのが簡単だろう。

米当局は今月、社債の信用力への投資を裏付けとするプロシェアー ズの新ETF8本の取引を認める計画を承認した。クレジット・デフォ ルト・スワップ(CDS)を束ねたこれらETFは、デリバティブをベ ースとする他の250本余りのファンドに仲間入りすることになる。こう した分野は伝統的にヘッジファンドの独壇場だった。

これらETFは取引が難しい市場への容易なアクセスを提供し、誰 でも投資できるが、実際のターゲット層は機関投資家だろう。6日付の 通知によると、米証券取引委員会(SEC)はBATS(バッツ)取引 所によるプロシェアーズのETF上場を承認した。この中にはCDSを 通じて欧米企業に弱気や強気の立場を取る4組のファンドが含まれてい る。

原題:Grandma Gets to Play Hedge Fund With New Credit Derivatives ETFs(抜粋)

--取材協力:Eric Balchunas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE