コンテンツにスキップする

債券トレーダーの今年のボーナス、15%減も-報酬コンサル会社

米ウォール街の金融機関が今年のボ ーナスに割り当てる額は、資産運用担当者向けで最大10%増となる一 方、債券トレーダー向けは15%減少する可能性がある。報酬コンサルタ ント会社ジョンソン・アソシエーツが12日公表したリポートでこうした 見通しを示した。

それによると、インセンティブ報酬が最も増えそうなのは投資銀行 助言サービス事業やプライベートエクイティ (PE、未公開株)投資 会社、プライムブローカレッジ、運用担当者向けなど。金融機関の運用 資産は増加し、合併・買収(M&A)活動の増加で恩恵を受ける見込み だが、大手銀行はより規制の制約が少ない独立系機関に仕事を奪われる 可能性があるとジョンソンはみている。

創業者のアラン・ジョンソン社長は13日の電話インタビューで、 「実に大きな変化だ」と指摘。「ウォール街の銀行からは最も大きな報 酬が出ないのは明らかだ」と述べた。

ゴールドマン・サックス・グループやバンク・オブ・アメリカ (BOA)などの金融機関はトレーディング収入の落ち込みに見舞わ れ、1-3月(第1四半期)の業績が打撃を受けた。JPモルガン・チ ェースは今月に入り、「引き続き厳しい環境と顧客の動きが鈍る中 で」、4-6月(第2四半期)の債券・株式トレーディング収入が前年 同期に比べ約20%減少するとの見通しを示している。

大手投資銀行はトレーダーやバンカーらの2013年報酬に割り当てる 額を2%余り縮小し、行員報酬に当てる収入の割合を引き下げた。ニュ ーヨーク州のディナポリ会計検査院長が3月に明らかにしたところで は、ウォール街の金融機関のボーナス基金は13年に前年比15%増え て267億ドル(約2兆7300億円)。繰り延べられていた報酬が同年に繰 り込まれたことが押し上げ要因となった。

原題:Fixed-Income Bonuses Seen Falling 15% as Asset Managers Get More(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE