コンテンツにスキップする

独SAP、数千人規模の人員削減へ-クラウド型へのシフトで

事務用ソフトウエアメーカー最大 手、ドイツのSAPはオンラインでのソフトウエア配信に重点を移すこ とに伴い、約4年ぶりとなる大規模な人員削減を計画している。

SAPの広報担当ジム・デバー氏によれば、同社は全部門にわたり 人員削減を実施する。同氏は電子メールで配布した資料で、「SAPの 企業効率を高めるための全社的な取り組みだ」と説明した。

情報が非公開であることを理由に関係者1人が匿名で語ったところ によると、人員削減はすでに進められており、最終的な削減人数は5000 人以下で、既存事業からの撤退は伴わない。買収した企業を支援するバ ックオフィスの人員も削減の対象に含まれているという。

SAPが先月発表した1-3月(第1四半期)決算はアナリストの 予想に届かなかった。同社の株価は年初から13日までで10%下落してい る。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は13日先に、 SAPの人員削減を伝えていた。

原題:SAP Cutting Jobs as CEO Bill McDermott Hastens Software Shift(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE