コンテンツにスキップする

仏BNPパリバに米制裁違反で35億ドル超の罰金請求-関係者

米司法当局はフランスの銀行BNP パリバがスーダンやイランなどの経済制裁対象国と取引に応じた容疑を めぐる連邦および州当局の捜査を決着させるため、同行に35億ドル (約3580億円)超の罰金支払いを求めている。事情に詳しい複数の関係 者が明らかにした。

関係者4人が匿名を条件に語ったところによると、司法当局と BNPパリバの交渉は継続中で、罰金額は変動する可能性がある。35億 ドル超の罰金が確定すれば、制裁違反事件での罰金額としては過去最高 となる。合意は来月に成立する可能性があるという。米司法当局は BNPパリバに有罪答弁させることも要求していると、関係者は述べ た。

BNPパリバはこの違反容疑を決着させるために用意した11億ドル よりも多くの引当金が必要になる可能性があると先月明らかにしてい た。同行の広報担当、ジュリア・ボイス氏はコメントを控えた。

BNPは米司法当局と数十億ドル規模の司法取引での決着を視野に 交渉している複数の銀行の1つ。司法当局は会社の規模や経済への影響 を考慮して金融機関の処分を手控えているとの批判を払拭(ふっしょ く)しようとしている。司法当局がより厳しい有罪答弁を求めているこ とで、処分が金融市場を混乱させかねないとの懸念が強まっている。

ド・ピュリ・ピクテ・トレッティニ(ジュネーブ)のカリム・ベル トーニ氏は「罰金は高額だ」と指摘。また有罪答弁の金融システムへの 影響に言及し「未知の領域に踏み込むことになる」と述べた。

13日のパリ市場でBNPの株価は0.4%安の53.06ユーロで終了。取 引時間中には、このニュースを受けて2.3%安まで下げる場面もあっ た。

原題:U.S. Said to Seek More Than $3.5 Billion From BNP Paribas (2)(抜粋)

--取材協力:Fabio Benedetti-Valentini.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE