コンテンツにスキップする

5月13日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ、対ドルで5週間ぶり安値-ドイツ景況感悪化で

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで下落。5週間ぶり の安値を付けた。ドイツの景況感指数が5カ月連続で低下したため、ユ ーロ圏の景気浮揚に向け欧州中央銀行(ECB)が追加緩和策を講じる との見方が強まった。

ドルは主要通貨バスケットに対して3日続伸。米小売売上高は4月 の伸びが予想を下回り景気減速を示唆したが、3月は上方修正された。 ロシア・ルーブルは3カ月ぶり高値に近付いた。西側諸国は同国への追 加制裁を急がないとの思惑が背景にある。

みずほ銀行のストラテジスト、シレーン・ハラーリ氏(ニューヨー ク在勤)は電話インタビューで、「ECBがバランスシートの拡大につ ながるような積極的な緩和策を打ち出さない限り、ユーロの軟調は一時 的なものになるだろう」と述べた。さらに「米小売売上高は前年比では さほど悪くない。それが対円でのドルを下支えた」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時2分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.4%安の1ユーロ=1.3704ドル。一時は1.3689ドルと4月4日以来 の安値となった。ドルは対円で0.1%高の1ドル=102円27銭。一時は2 日以来の高値となる102円36銭まで上げた。円は対ユーロで0.3%上げて 1ユーロ=140円13銭。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.2%上昇の1010.06と、2日以来の高水準となった。

JPモルガン・チェースのグローバルFXボラティリティ指数は3 日連続上昇し6.41%。9日には2007年以来の低水準となる6.21%に下げ ていた。

対ロシア追加制裁

欧州連合(EU)は12日、ロシアへの制裁対象を拡大したものの、 エネルギーと金融セクターへの広範な制裁を発動した場合、ロシアから 報復を受けるリスクがあるとEUと米国の当局者は懸念を表明した。ル ーブルはロシア中銀のドルとユーロに対するバスケットに対して0.8% 高の40.6913ルーブル。

米小売売上高を受け、ドルは対円で下げる場面もあった。4月の売 上高は季節調整済みで前月比0.1%増加した。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.4%増だった。前月は1.5% 増(速報1.1%増)に上方修正され、4年ぶりの大幅な増加となった。

ユーロ下落

ユーロは主要16通貨の大半に対して下落。米紙ウォールストリー ト・ジャーナルの報道が売りを誘った。同紙によれば、ECBが2016年 のインフレ率見通しを下方修正すれば、独連銀は来月の緩和策実施を前 向きに支持する姿勢を示した。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた5月の独景況 感指数は33.1と、前月の43.2を下回った。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト33人の予想中央値は40だった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの為替ストラテジスト、 ブライアン・デンジャーフィールド氏は「ECBは利下げを実施しそう だが、ユーロの持続的な下降トレンドにつながるかどうかは確信が持て ない」と述べた。

原題:Euro Falls to 5-Week Low as German Confidence Drops; Ruble Gains(抜粋)

◎米国株:ほぼ変わらず、S&P500とダウ平均は過去最高値を更新

米株式市場では、S&P500種株価指数が過去最高値付近でほぼ横 ばい。一時1900を超える場面があった。朝方発表された米小売売上高で は、3月の伸び率が速報値から上方修正された。

コーヒーメーカーを手掛けるキューリグ・グリーン・マウンテンが 高い。コカ・コーラが同社株の買い増しを表明したことに反応した。白 物家電のワールプールは下落。アナリストによる投資判断引き下げが嫌 気された。医薬品卸売りのマッケソンは、決算が予想を上回ったことが 好感され上昇した。

S&P500種株価指数は前日比1ポイント未満上昇の1897.45。2日 連続で過去最高値を更新した。ダウ工業株30種平均は19.97ドル (0.1%)上げて16715.44ドル。ダウ平均は5営業日続伸となり、こち らも最高値を更新した。

ホッジス・ファンズのポートフォリオマネジャー、エリック・マー シャル氏は「一部で長引くネガティブな地合いにもかかわらず上昇し、 最高値を更新したという事実は、市場にとって極めて健全かつ前向きな 状況だ」と述べた。

小型株はこの日下落。ラッセル2000指数は1.1%安となった。同指 数は前日、2カ月で最大の上げとなっていた。ナスダック総合指数はこ の日0.3%下落。前日は1月以降で最大の上げだった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合指数は4月の安値から は3.3%戻しているが、3月に付けた13年ぶり高値をなお5%下回って いる。

小売売上高

米商務省が発表した4月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.1%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は0.4%増だった。前月は1.5%増(速報1.1%増) に上方修正された。

3月には、厳しい冬の天候の影響で抑えられていた需要が顕在化し て消費が増えたが、その後は支出の伸びが鈍化している。

スタイフェル・ニコラウスのファンドマネジャー、チャド・モーガ ンランダー氏(ニュージャージー州フロラムパーク)は「景気回復はま だ初期段階だ」と指摘。「年内を通じて景気トレンドの回復は続くと考 えられる」と述べた。

S&P500種の構成企業では今週、メーシーズやウォルマート・ス トアーズ、コールズなど12社が決算を発表する。冬の間の小売り各社の 業績が示されることになる。

通信株は安い

S&P500種の業種別10指数では6指数が上昇。エネルギー株が最 も上げた。一方で最も下げたのは通信株で0.7%安。

AT&Tは1%安の36.20ドル。事情に詳しい関係者によれば、同 社は衛星放送事業者ディレクTVを約500億ドルで買収する交渉を進め ている。ディレクTVは1.2%安の86.08ドル。

キューリグは7.6%高の119.07ドル。マッケソンは3.3%高の180ド ルだった。

ワールプールは2.8%安の151.55ドル。ロングボウ・リサーチは、 ワールプールの投資判断を「買い」から「ニュートラル」に引き下げ た。

原題:U.S. Stocks Little Changed With S&P 500, Dow Average at Records(抜粋)

◎米国債:反発、予想下回る小売売上高で緩慢な成長見通し広がる

米国債相場は反発。30年債が上昇をけん引した。米小売売上高の伸びが 予想を下回り、景気減速下でインフレが引き続き抑制されるとの見方が 広がった。

経済成長のペースが落ちてきているとの見方から、2年債と10年債 の利回り格差は5営業日ぶりに縮小。米連邦準備制度理事会(FRB) のイエレン議長は15日に講演する。先週の議会証言では依然として高レ ベルの金融緩和が必要だとの見方を示した。

フェデレーテッド・インベスターズ(ピッツバーグ)のマルチセク ター戦略責任者、ドナルド・エレンバーガー氏は小売売上高統計につい て、「この5年半の非常に緩慢な回復から、これといった変化は示され なかった」と指摘。「債券相場が上昇しているのはそのためだ」と述べ た。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、30年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)下げて3.45%。同年債(表面利率3.375%、2044年5月償 還)価格は30/32上昇して98 21/32。

10年債利回りは5bp下げて2.61%。2年債利回りは2bp低下 の0.38%。

2年債と10年債の利回り格差(イールドカーブ)は4bp縮小 の223bp。イールドカーブのフラット化は通常、景気減速を市場が予 想していることを意味する。

小売売上高、ショートカバー

米国債相場は朝方の米経済統計を受けて一段高となった。米商務省 が発表した4月の小売売上高(速報値)は、季節調整済みで前月 比0.1%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 予想の中央値は0.4%増だった。前月は1.5%増(速報1.1%増)に上方 修正された。

RWプレスプリッチの政府債取引担当マネジングディレクター、ラ リー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は「小売売上高の弱さが気 になった。相場は押し上げられ、ショートカバーが誘発された」と指 摘。「誰もが景気改善を期待しているが、実現していない。地政学的な リスクがこれに加わり、利回りは低く抑えられている」と述べた。

10年物インフレ連動債(TIPS)と通常10年債の利回り差(ブレ ークイーブンレート)は4月16日以来で最小の2.14ポイントを付けた。 今年に入っての平均は2.18ポイント。

CPI、PCE価格指数

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では、15日に発表され る4月の米消費者物価指数(CPI)は前年比で2%上昇と予想されて いる。3月は同1.5%上昇だった。同指数は2012年10月以降、2%を超 えて上昇したことがない。

1日の米商務省発表によると、金融当局がインフレ指標として注目 する個人消費支出(PCE)総合価格指数は3月に前年比1.1%上昇。 当局の目標である2%を2年近く下回って推移している。

イエレン議長は15日に米商業会議所で講演する。先週の議会証言で は金融緩和策が引き続き正当化される理由として、「職を望む多くの米 国民はなお失業状態にあり、インフレ率が当局の目標である2%を下回 っている」と指摘した。

中国の4月の工業生産と固定資産投資の伸びはいずれも市場予想に 反して鈍化した。ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた 5月の独景況感指数は、5カ月連続で低下。米国債はこれら統計を受け て、欧州の取引時間から堅調に推移した

原題:Treasuries Rally as Retail-Sales Report Adds to Slow-Growth Bets(抜粋)

◎NY金:反落、米国株の最高値更新やドルの上昇で-代替需要減退

ニューヨーク金先物相場は反落。米株式相場が史上最高値をつけた ことや、ドルが上昇したことを背景に、代替投資の金買いが減退した。 S&P500種株価指数は初めて1900を突破し、ドルは対ユーロで1カ月 ぶりの高値となった。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディング(インディアナ ポリス)のフェイン・シェーファー社長は電話インタビューで、「株式 相場が上昇し続けていることや、ドルの強さで、金の人気は低下してい る」と指摘。「一方で、ウクライナを理由に金を買う動きもある」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.1%安の1オンス=1294.80ドルで終了。一時は0.5%下 げた。

原題:Gold Futures Decline as U.S. Equities Advance, Dollar Rallies(抜粋)

◎NY原油:続伸、2週間ぶり高値-在庫減少観測で

ニューヨーク原油先物相場は続伸。製油所の増産を背景に米国の原 油在庫が減少するとの見方が広がり、2週間ぶり高値を付けた。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は「明日の在庫統計に備えたポジション取り が活発だ」と指摘。「コンセンサスは2週連続の在庫減少だ。数週間前 に過去最高を記録した後、4億バレルを試す日々は過ぎ去ったようだ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比1.11ドル(1.10%)高の1バレル=101.70ドルで終了。終値ベースで 4月24日以来の高値。

原題:WTI Climbs to Two-Week High on Supply Outlook; Brent Advances(抜粋)

◎欧州株:約6年ぶり高値、エアバスなど高い-利益が予想上回る

13日の欧州株式相場は上昇し、指数のストックス欧州600指数は約 6年ぶりの高値を付けた。利益が予想を上回ったことを背景に、エアバ ス・グループやティセンクルップが買われた。

ドイツ最大の鉄鋼メーカー、ティセンクルップは4.1%上昇。同社 は通期利益見通しを上方修正した。航空機メーカーのエアバスは6.2% の大幅高。デンマークの宝飾品メーカー、パンドラは8.1%高。売上高 見通し引き上げが好感された。一方、イタリアの電話会社、テレコム・ イタリアは5.2%下げた。四半期売上高が予想に届かなかった。

ストックス欧州600指数は前日比0.3%高の341.89で終了。年初来安 値を付けた2月4日以降では7.7%上げている。

ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部 門責任者、ヘルベルト・ペルス氏は「欧州株は昨年と今年これまで順調 に上げてきたが、私は一段高を引き続き楽観している」とし、「欧州企 業は非常に良い状態にある。好業績の企業はさらに上げている一方、業 績が悪い企業は下げている。これは良い兆候だ」と語った。

13日の西欧市場では18カ国中10カ国で主要株価指数が下落。独 DAX指数は0.5%、仏CAC40指数は0.3%それぞれ上げた。英 FTSE100指数も0.3%上昇して6873.08で終了。終値ベースで1999 年12月以来の高値となった。

原題:European Stocks Advance to Six-Year High as ThyssenKrupp Climbs(抜粋) 原題:U.K. Benchmark FTSE 100 Index Rises to Highest Level Since 1999(抜粋)

◎欧州債:総じて上昇、独債利回り低下-独連銀が刺激策前向きとの見方

13日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が総じて上昇。ドイツ10 年債利回りは約1年ぶりの低水準を付けた。ドイツ連邦銀行(中央銀 行)が欧州中央銀行(ECB)の追加刺激策に前向きだとの報道が手掛 かり。

オーストリアとオランダ、フランスの国債も上昇。この日発表され たドイツの景況感指数が5カ月連続で悪化したことを背景に、比較的安 全とされる国債を求める動きが強まった。スペイン国債も値上がり。銀 行団を通じて発行されるインフレ連動債への応募が200億ユーロ強とな った。計72億5000万ユーロ規模の入札を実施したイタリアの国債も買わ れた。

モニュメント・セキュリティーズのストラテジスト、マーク・オス トワルト氏(ロンドン在勤)は「独連銀が前もって緊急対応策を承認し ているとのことで、ECBが6月に行動するという自信を市場はますま す強め、それを織り込み始めている」と指摘。「これがけん引役となっ てドイツや他のユーロ参加国の国債を押し上げている」と語った。

ロンドン時間午後4時19分現在、ドイツ10年債利回りは前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.42%。これは2013年 5月24日以来の低水準。同国債(表面利率1.75%、2024年2月償還)価 格は0.42上げ102.995。

同年限のオーストリア国債利回りは4bp低下の1.65%。フランス 国債利回りも4bp下げ1.88%、オランダ国債利回りは5bp低下 し1.74%となった。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい関 係者を引用し報じたところによれば、ECBの専門家見通しで2016年の インフレ見通しが下方修正されれば、独連銀はECBによる追加行動を 支持する意向だ。ただ、事情に詳しい関係者2人はブルームバーグ・ニ ュースに対し、独連銀のECB追加緩和支持は既定ではないと語った。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がこの日発表した5月の 期待指数は33.1と、前月の43.2を下回り、13年1月以来の低水準となっ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト33人の予想中央 値は40だった。この指数も相場上昇の支援材料だった。

原題:Europe Bond Gain Pushes German Yield to One-Year Low on ECB Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE