コンテンツにスキップする

5月13日の米国マーケットサマリー:S&Pとダウ最高値更新

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3702   1.3757
ドル/円            102.28   102.13
ユーロ/円          140.15   140.50


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,715.44     +19.97     +.1%
S&P500種           1,897.45      +.80      +.0%
ナスダック総合指数    4,130.17     -13.69     -.3%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .38%        -.02
米国債10年物     2.61%       -.05
米国債30年物     3.44%       -.06


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,294.80    -1.00     -.08%
原油先物         (ドル/バレル)  101.89     +1.30    +1.29%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで下落。5週間ぶり の安値を付けた。ドイツの景況感指数が5カ月連続で低下したため、ユ ーロ圏の景気浮揚に向け欧州中央銀行(ECB)が追加緩和策を講じる との見方が強まった。

ドルは主要通貨バスケットに対して3日続伸。米小売売上高は4月 の伸びが予想を下回り景気減速を示唆したが、3月は上方修正された。 ロシア・ルーブルは3カ月ぶり高値に近付いた。西側諸国は同国への追 加制裁を急がないとの思惑が背景にある。

みずほ銀行のストラテジスト、シレーン・ハラーリ氏(ニューヨー ク在勤)は電話インタビューで、「ECBがバランスシートの拡大につ ながるような積極的な緩和策を打ち出さない限り、ユーロの軟調は一時 的なものになるだろう」と述べた。さらに「米小売売上高は前年比では さほど悪くない。それが対円でのドルを下支えた」と続けた。

ニューヨーク時間午後2時29分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.4%安の1ユーロ=1.3701ドル。一時は1.3689ドルと4月4日以来 の安値となった。ドルは対円で0.2%高の1ドル=102円28銭。一時は2 日以来の高値となる102円36銭まで上げた。円は対ユーロで0.3%上げて 1ユーロ=140円14銭。

◎米国株式市場

米株式相場はもみ合い。S&P500種株価指数は一時1900を超える 場面があった。朝方発表された米小売売上高では、3月の伸び率が速報 値から上方修正された。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.1%未満上昇の1897.41。2日連続で過去最高値を更新し た。ダウ工業株30種平均は19.97ドル(0.1%)上げて16715.44ドル。こ ちらも最高値を更新した。

ホッジス・ファンズのポートフォリオマネジャー、エリック・マー シャル氏は「一部で長引くネガティブな地合いにもかかわらず上昇し、 最高値を更新したという事実は、市場にとって極めて健全かつ前向きな 状況だ」と述べた。

米国株は前日上昇。S&P500種は1896.65で終了し、終値ベースで の過去最高値を更新した。インターネット株や小型株が買い進まれた。 ダウ・ジョーンズ・インターネット総合指数は3.2%上昇と、1月以降 で最大の上げ。構成する41銘柄全てが上昇した。

◎米国債市場

米国債相場は反発。30年債が上昇をけん引した。米小売売上高の伸 びが予想を下回り、景気減速下でインフレが引き続き抑制されるとの見 方が広がった。

経済成長のペースが落ちてきているとの見方から、2年債と10年債 の利回り格差は5営業日ぶりに縮小。米連邦準備制度理事会(FRB) のイエレン議長は15日に講演する。先週の議会証言では依然として高レ ベルの金融緩和が必要だとの見方を示した。

フェデレーテッド・インベスターズ(ピッツバーグ)のマルチセク ター戦略責任者、ドナルド・エレンバーガー氏は小売売上高統計につい て、「この5年半の非常に緩慢な回復から、これといった変化は示され なかった」と指摘。「債券相場が上昇しているのはそのためだ」と述べ た。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時10分現在、30年債利回りは前日比4ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)下げて3.46%。同年債(表面利率3.375%、2044年 5月償還)価格は3/4上昇して98 1/2。

10年債利回りは5bp下げて2.62%。2年債利回りは1bp低下 の0.38%。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は反落。米株式相場が史上最高値をつけた ことや、ドルが上昇したことを背景に、代替投資の金買いが減退した。 S&P500種株価指数は初めて1900を突破し、ドルは対ユーロで1カ月 ぶりの高値となった。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディング(インディアナ ポリス)のフェイン・シェーファー社長は電話インタビューで、「株式 相場が上昇し続けていることや、ドルの強さで、金の人気は低下してい る」と指摘。「一方で、ウクライナを理由に金を買う動きもある」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.1%安の1オンス=1294.80ドルで終了。一時は0.5%下 げた。

◎NY原油:続伸、2週間ぶり高値-在庫減少観測で

ニューヨーク原油先物相場は続伸。製油所の増産を背景に米国の原 油在庫が減少するとの見方が広がり、2週間ぶり高値を付けた。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は「明日の在庫統計に備えたポジション取り が活発だ」と指摘。「コンセンサスは2週連続の在庫減少だ。数週間前 に過去最高を記録した後、4億バレルを試す日々は過ぎ去ったようだ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比1.11ドル(1.10%)高の1バレル=101.70ドルで終了。終値ベースで 4月24日以来の高値。

原題:WTI Climbs to Two-Week High on Supply Outlook; Brent Advances(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE