コンテンツにスキップする

NY金:反落、米株の高値更新やドルの上昇で-代替需要減退

ニューヨーク金先物相場は反落。米 株式相場が史上最高値をつけたことや、ドルが上昇したことを背景に、 代替投資の金買いが減退した。S&P500種株価指数は初めて1900を突 破し、ドルは対ユーロで1カ月ぶりの高値となった。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディング(インディアナ ポリス)のフェイン・シェーファー社長は電話インタビューで、「株式 相場が上昇し続けていることや、ドルの強さで、金の人気は低下してい る」と指摘。「一方で、ウクライナを理由に金を買う動きもある」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.1%安の1オンス=1294.80ドルで終了。一時は0.5%下 げた。

原題:Gold Futures Decline as U.S. Equities Advance, Dollar Rallies(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin、Paul Burkhardt、Luzi Ann Javier.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE