コンテンツにスキップする

中国テンセント出資のJD、創業者がIPO後にビリオネアへ

アジア最大のインターネット企業、 中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する電子商取引の JDドットコム(京東)を創業した劉強東氏はビリオネアの仲間入りが 間近だ。同社は米国での新規株式公開(IPO)を目指している。

当局への9日の届け出によれば、北京に本社を置くJDと既存株主 は9370万ADR(米国預託証券)を1ADR当たり16-18ドルで公開す る計画。IPO後、劉氏は1億8480万ADRを保有し、価格レンジの下 限に基づけば同氏は純資産約30億ドル(約3070億円)を手にする。

IPOの申請書によれば、JD創業者の劉氏は41歳で、会長兼最高 経営責任者(CEO)を務めている。JDはIPO前だとしてコメント を控えた。

原題:JD.com’s Liu to Become a Billionaire Following U.S. Stock Sale(抜粋)

--取材協力:Lulu Yilun Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE