コンテンツにスキップする

フレディマック、銀行への住宅ローン買い戻し請求規則を緩和

問題のある数百億ドル相当の住宅ロ ーン買い戻しを金融機関に義務付けている米政府支援機関(GSE)の フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)は、買い戻しに関する規則の 緩和を明らかにした。こうした規則は銀行が与信に一段と慎重になる要 因となっている。

フレディマックが金融機関に宛てた12日付資料によると、同社とフ ァニーメイ(連邦住宅抵当金庫)は今後、買い戻し請求の適用外となる ローンを拡大する。これまでは適用除外となるためには借り手が予定さ れる最初の3年間に支払いを滞納しないことが条件だったが、新規則で は最初の36カ月のうち34カ月分を支払えば通常、適用から外される。

規則変更は両社を監督する連邦住宅金融局(FHFA)の指示でま とめられた。住宅市場回復は厳しい与信審査によって遅れており、1月 に就任したFHFAのメルビン・ワット局長は今月13日にワシントンで 方針について説明する予定。初めて住宅を購入する消費者や信用力が低 めの買い手は、デフォルト(債務不履行)や買い戻しを回避したい金融 機関から住宅融資を受けるのが難しくなっている。

原題:Freddie Mac Eases Mortgage Rules to Limit Putback Costs at Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE