コンテンツにスキップする

米バンティブ、シルバーレイクからマーキュリー買収で合意

支払い処理サービスなどを手掛ける 米バンティブは、マーキュリー・ペイメント・システムズを16億5000万 ドル(約1690億円)で買収することで合意した。

バンティブの12日の発表資料によれば、支払い処理技術・サービス 会社マーキュリーを買収することで年間の売上高の伸び率が1-2ポイ ント押し上げられる。投資会社シルバーレイク・マネジメントが過半数 を握るマーキュリーは、新規株式公開(IPO)申請を取り下げるとい う。

マーキュリーの技術は、レストランや中小企業が支払い処理やプリ ペイドギフトカードの作成に利用している。バンティブが業界誌ニルソ ン・リポートを引用してウェブサイト上に示した資料によると、米国で は現金・小切手離れが進んでおり、2015年にはカードなどの電子決済に よる支払いが7兆2300億ドルと09年の4兆4800億ドルを大幅に上回ると 見込まれている。

12日の米株式市場でバンティブ株の終値は前週末比3.1%高の29.82 ドルで、時価総額は約57億ドルとなる。同社の株価は12年3月のIPO 以降、70%余り上昇している。

発表資料によれば、01年創業のマーキュリーの13年売上高は2 億3700万ドル。ブルームバーグがまとめたデータによると、バンティブ は昨年21億ドル余りの売上高を報告している。

今回の買収でバンティブに助言業務を行ったのはクレディ・スイ ス・グループとバンク・オブ・アメリカで、マーキュリーに対してはモ ルガン・スタンレーとJPモルガン・チェース、バークレイズ、FTパ ートナーズが担当した。

原題:Vantiv Buys Mercury Payment From Silver Lake for $1.65 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE