コンテンツにスキップする

LMEニッケル:2年3カ月ぶり高値-中国の市場強化策などで

12日のロンドン金属取引所 (LME)で、ニッケル相場は約2年3カ月ぶりの高値に上昇。供給の 逼迫(ひっぱく)や、中国政府が金融市場の強化策を講じる方針を示し たことを受け、金属相場の上げをけん引した。

中国国務院が9日、中央政府のウェブサイトに掲載した声明による と、政府は商品取引の手段を開発し、一部の海外からの投資に対する制 限を緩和するほか、資本フローの上限を引き上げる。ニッケル生産で世 界2位のヴァーレはニューカレドニア工場で先週、酸性溶液の流出を受 け操業を停止。インドネシアの鉱石輸出規制が5カ月目に入る中、供給 懸念がさらに高まった。

ニューエッジUSA(ニューヨーク)のシニアディレクター、マイ ケル・テューレック氏は電話インタビューで、「中国が刺激策を講じる 可能性があるため、すべての金属相場で市場は上向きの反応を示してい る」と指摘。「ヴァーレなどあらゆる供給上の制約」により相場が押し 上げられたと述べた。

LMEのニッケル相場(3カ月物)終値は前週末比5.1%高の1ト ン=2万925ドル。一時は2万1468ドルと、12年2月10日以来の高値を 付けた。

LMEの銅相場(3カ月物)は2%高の1トン=6879ドル。ニュー ヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物7月限終値 は2.2%高の1ポンド=3.1495ドル。

原題:Nickel Rises to Highest in 27 Months on China Outlook, Supply(抜粋)

--取材協力:Jae Hur、Agnieszka Troszkiewicz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE