コンテンツにスキップする

AT&TがディレクTV買収で交渉、約5兆1000億円-関係者

米AT&Tは米国最大の衛星放送事 業者ディレクTVを1株当たり約100ドルで買収する交渉を進めてい る。事情に詳しい関係者が明らかにした。交渉は進展した段階にあると いう。

情報が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語ったところに よると、交渉中の買収案は、ディレクTV経営陣がAT&T子会社とし て引き続き経営を担う内容となっている。ディレクTVのマイク・ホワ イト最高経営責任者(CEO)は2015年より後に退任する計画。

1株当たり100ドルの買収価格はディレクTVの価値を約500億ドル (約5兆1000億円)と評価する内容。両社の交渉が最初に報道される前 のディレクTVの株価(4月30日)を約29%上回っている。ディレク TV株は87.16ドルでこの日の通常取引を終了。その後の時間外取引で は値を上げ、ニューヨーク時間午後5時15分(日本時間13日午前6時15 分)現在では6%高の92.50ドル。

買収が実現すれば、AT&Tは現在の電話およびブロードバンドサ ービスに加えて衛星放送事業を保有することになり、国内契約者に無線 サービス、テレビ放送、電話、高速ブロードバンドサービスを一括提供 できるようになる。

関係者の1人によれば、ディレクTVとAT&Tは規制当局によ る12カ月の審査プロセスに備えている。

NFLの独占コンテンツ

有料テレビ放送事業は昨年、中南米での事業拡大や月額料金の値上 げを通じて収益を拡大した。ディレクTVの独占コンテンツにはナショ ナル・フットボール・リーグ(NFL)の日曜の試合を見れる「サンデ ー・チケット」などがある。

コムキャストによるタイム・ワーナー・ケーブル(TWC)買収計 画をきっかけに、米国ではメディア業界の再編の動きが加速している。 コムキャスとTWCの統合が実現すれば、テレビ放送とインターネット サービス双方を提供する巨大メディア企業が誕生する。

ディレクTVに対しては同業のディッシュ・ネットワークのチャー リー・アーゲン会長が合併に関心を寄せていると事情に詳しい関係者が 3月に明らかにしていたが、アーゲン会長は先週、1-3月(第1四半 期)決算に関する電話会議で、ディレクTVとの合併を追求していくの は高くつき過ぎると述べた。

アーゲン会長はAT&Tの買収額を上回る金額はディッシュにはな いと述べるとともに、AT&TとディレクTVの組み合わせは財政的側 面よりも、戦略的側面から理にかなっていると指摘した。

ディレクTVの広報担当、ダリス・グリンジェリ氏とAT&T広報 のブラッド・バーンズ氏はいずれもコメントを控えた。ウォールストリ ート・ジャーナル紙は同日、AT&Tが株式と現金による買収をディレ クTVに仕掛けることを計画していると報じていた。金額については伝 えていなかった。

原題:AT&T Said in Talks to Buy DirecTV for About $50 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE