コンテンツにスキップする

NY原油(12日):反発、クッシング在庫減少との見方

ニューヨーク原油先物相場は反 発。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫が減少し たとの見方を背景に、3営業日ぶりに上昇した。

コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州ヴィ ラノヴァ)のスティーブン・ショーク社長は電話取材に対し、「クッシ ングの在庫が取り崩されている」と指摘。「製油所の需要は上向きそう だ。価格を支える需給要因は多数ある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前週 末比60セント(0.60%)高の1バレル=100.59ドルで終了。

原題:WTI Oil Gains First Time in Three Days on Cushing; Brent Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE