コンテンツにスキップする

日イスラエル首脳会談:国防やサイバーセキュリティーで協力

安倍晋三首相とイスラエルのネタニ ヤフ首相は12日、都内での首脳会談後、両国間の関係強化を表明。特に セキュリティーでの連携を強調した。

安倍首相は「両国の国家安全保障機関の意見交換開始、および国防 とサイバーセキュリティーの分野での協力推進で合意した」と発言。安 倍首相はネタニヤフ首相に対し、「中東和平協議をできるだけ早期に再 開すること」がイスラエルとパレスチナ双方の利益になるだろうと伝え たという。

ネタニヤフ首相はイスラエルと日本が直面し得る核の脅威に言及。 「日本は北朝鮮の核兵器や弾道ミサイル開発を明白かつ差し迫った危険 だと指摘しており、私はそうした判断に心から同意する」と発言。「明 白かつ差し迫った危険という表現は、イランの核プログラムにも確実に 当てはまる」と続けた。

ネタニヤフ首相はテクノロジーなどアジアへの輸出拡大を図る広範 な取り組みの一環として、日本との戦略的関係に加えて、貿易関係の強 化も望んでいる。

原題:Japan to Cooperate With Israel on Defense, Cyber Security (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE