コンテンツにスキップする

アラガン:バリアントの買収提案を拒否-「大幅に過小評価」

しわ対策にも使用される医薬品「ボ トックス」を主力製品とする米アラガンは、カナダのバリアント・ファ ーマシューティカルズ・インターナショナルから提示されている買収案 を拒否した。同買収案はアラガンの企業価値を「大幅に過小評価してい る」とアラガンは指摘している。

アラガンは12日の発表資料で、バリアントの買収案では「重大なリ スクと不確実性」が生まれ、株主にとって最善の利益にならないと説明 した。バリアントはアラガンに対し、現金と株式を合わせた買収案を提 示しており、規模は発表当時ベースで457億ドル(約4兆6600億円)。

また資料によればアラガンは、2015年の業績について1株利益が20 -25%増、売上高は2桁の伸びを見込んでいる。

事情に詳しい複数の関係者によれば、アラガンは競合案の提示を求 め他の買い手候補に接触していたが、断られたという。アラガンの筆頭 株主で、投資家ビル・アックマン氏が率いるパーシング・スクエア・マ ネジメントはバリアントからの買収案を支持している。

原題:Allergan Rejects Valeant’s Unsolicited Takeover Proposal (1)(抜粋)

--取材協力:Sonali Basak.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE