ベトナムのコーヒー生豆売却鈍化か-在庫が最高水準から減少

世界最大のロブスタ種コーヒー生豆 生産国、ベトナムの農家による生豆売却が鈍化する可能性がある。過去 最高水準に達していた同国の生豆在庫が54%落ち込んだためだ。ロブス タ種コーヒー生豆はスイスのネスレなどの製品に利用される。

ブルームバーグが取引業者や輸出業者10人を対象に実施した調査の 中央値によると、コーヒー生豆在庫は4月末時点で39万トン。これは記 録的な豊作となった生産高170万トンの約23%に相当する。調査によれ ば、生産高に対する在庫の割合は前年同期の27%、過去5年平均の25% を下回る。在庫は3月7日終了週には85万トンと、この時期としては過 去最高水準に達していた。

ベトナムの在庫減少はロブスタ種の価格上昇につながり、米スター バックスなどで利用される割高なアラビカ種との価格差が縮小する可能 性がある。ロブスタ種の価格は年初来で24%上昇している。

NYSE・Liffe(ロンドン)のロブスタ種先物の9日終値は 1トン当たり2093ドル。ICEフューチャーズUS(ニューヨーク)の アラビカ種終値は1ポンド当たり1.839ドル。価格差は1ポンド当た り88.96セントと、5年ぶりの低水準となった昨年12月時点の27.95セン トから拡大している。

原題:Coffee Sales to Slow in Vietnam as Reserves Drop From Record (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE