コンテンツにスキップする

テマセク、ダイモンに出資-ヘッジファンドに投資の合弁設立へ

シンガポールの政府系投資会社テマ セク・ホールディングスはダイモン・アジア・キャピタル(シンガポー ル)の少数株主になり、新しいヘッジファンド会社に投資する合弁会社 をダイモンとともに設立する。

テマセクは当初5億ドル(約510億円)の出資を表明しており、こ の資金はヘッジファンド運用会社であるダイモンが運用する。ダイモン のジェイ・ルオ社長が明らかにした。電子メールでの発表資料による と、ルオ社長とダイモンのマネジングディレクター、ベン・フリーシュ ミット氏が新しい合弁会社の責任者となり、運営に当たる。

ルオ社長によると、合弁会社の最初の投資案件はアジア太平洋地域 に照準を定めたグローバル株式ロング・ショート戦略のヘッジファンド となる。このファンドはSACキャピタル・アドバイザーズの運用者だ ったカール・バイン氏が中心となって、7-9月(第3四半期)に運用 を開始する計画という。

テマセク広報担当のスティーブン・フォーショー氏は電子メールで 今回の提携を確認した。

原題:Temasek Invests in Dymon to Start Hedge-Fund Platform Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE