ヘッジファンドの米ガソリン買い越し、3カ月で最大の減少

ヘッジファンドなど投機家による米 ガソリン価格上昇を見込む買い越しが、ここ3カ月余りで最大の減少と なった。定期修理に入っていた製油所が稼働を再開したことに加えて輸 入が増え、米国のガソリン在庫が積み上がっていることが要因。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、資産運用会 社によるガソリンの買い越しは6日終了週に、昨年2月以来の高水準だ った前週から14%減少した。買いポジションは4週間ぶりに落ち込 み、11%減。売りポジションは6.1%増加した。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は8日の電話インタビューで「米国の 製油所は定期修理を終え、増産を進めるだろう」と指摘。「需要には問 題なく対応することができ、価格は下落するはずだ」と述べた。

原題:Hedge Funds Cut Gasoline Wagers by Most in Three Months: Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE