コンテンツにスキップする

中国杭州市、住民と警官隊が衝突-ごみ焼却施設計画で

中国浙江省の省都、杭州市で10日、 地元政府のごみ焼却施設の建設計画に反対する住民数千人が抗議行動を 行った。国営新華社通信が伝えた。

新華社が地元当局者の情報を基に報じたところによると、デモ参加 者と警察の衝突で少なくとも住民10人、警官29人が負傷。車30台余りが ひっくり返され、警察車両2台に火が放たれた。デモ参加者が建設予定 地である同市・余杭区の一部道路を封鎖したことから、杭州と恵州を結 ぶ高速道も通行不能となった。

今回の抗議行動は、環境問題で政府に異議を申し立てる意思が住民 の間で強まっていることを浮き彫りにした。

中国ではこの2年ほど、安全性や汚染を懸念する住民との対立を受 けて、政府が産業プロジェクト計画の延期・撤回に追い込まれる事態が 各地で起きている。

原題:Thousands Protest in China’s Hangzhou Against Incinerator Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE