コンテンツにスキップする

中国国家主席:景気減速の「ニューノーマル」に適応する必要

中国の習近平国家主席は、景気減速 の中で同国が成長ペースの「ニューノーマル(新たな標準)」に適応 し、「冷静な」姿勢を維持する必要があると述べた。アナリストの予想 によると、同国は1990年以来最低の成長率となる見通し。

中央政府のウェブサイトに10日掲載された国営新華社通信の記事に よると、習主席は中国の経済成長のファンダメンタルズ(基礎的諸条 件)に変わりはなく、同国はなお「戦略的機会の重要な期間」にあると 発言した。ただその一方で、政府はリスクを阻止し、「潜在的な悪影響 を低減させるため時宜を得た対策」を講じる必要があると述べた。

中国の政策当局者は与信ブームを抑制しつつ、経済成長が李克強首 相の掲げる2014年目標の約7.5%を下回らないよう取り組んでいる。中 国人民銀行(中央銀行)当局者はこうした与信ブームが金融システムを 損ないかねないと警告している。李首相は先週、成長の質や経済の構造 改革に引き続き重点を置くと述べており、政府はこれまでのところ、景 気下支え策をインフラや社会的な住宅投資の加速と税制措置に限定して いる。

アリシア・ガルシアエレロ氏らビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリ ア銀行(BBVA)の香港在勤エコノミストは9日のリポートで「構造 改革の推進や金融リスク抑制に必要な条件として当局は若干低めの成長 を容認する姿勢を強めている」とした上で「リスクは金融の脆弱(ぜい じゃく)性の高まりや改革政策実行に関する不確実性に集中し、なお下 振れ方向にある」と述べた。

原題:Xi Says China Must Adapt to ‘New Normal’ of Slower Expansion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE