コンテンツにスキップする

ウクライナ東部2州で住民投票強行-ドネツクでは自立支持

ウクライナ東部ドネツク州の親ロシ ア派は、11日に実施した住民投票で「国家としての自立」が大差で支持 されたことを歓迎すると表明した。ウクライナ政府や米欧は違法だとし て住民投票を認めない立場を示している。

ロシア通信(RIA)は11日遅く、ドネツク選挙管理委員会のリャ ギン委員長の話として、ドネツクでは有権者が90%対10%で自立を支持 したと伝えた。同じく住民投票が行われたルガンスク州では投票率 は75%で、現段階ではまだ情勢不明だという。両州の最終的な開票結果 は12日中に公表される予定。

東部でのウクライナの部隊と親ロシア派との衝突は11日も続いた。 ウクライナ・プラウダ紙によると、ドネツク州クラスノアルメイスクで はウクライナ側の兵士が群衆に発砲し、少なくとも1人が死亡した。

ウクライナのトゥルチノフ大統領代行の首席補佐官、セルヒー・パ シンスキ氏は11日、東部の都市で建物や道路を占拠していた反政府勢力 をウクライナの部隊が「多数」殺害したと述べた。

ベイナー米下院議長は11日、制裁対象を拡大しロシアの銀行を含め るべきだと発言。欧州連合(EU)はロシアのクリミア編入後に同地で 資産を接収した一部ロシア企業への制裁を12日にも発表する可能性があ るとしている。オランド仏大統領はロシアの介入により25日のウクライ ナ大統領選挙が行われない事態となれば、制裁を強化すべきだと述べて いる。

今回の住民投票により、現体制の維持とEUとの関係強化を望む多 数派住民と、少数派のロシア系住民との対立が先鋭化することとなっ た。

パシンスキ氏は2州の大半の地域では投票が行われていないと指 摘。この住民投票は「テロリストや犯罪者、殺人者らが自らの行動を隠 蔽(いんぺい)しようとした拙い試みだ」と非難した。

米世論調査機関、ピュー・リサーチ・センターの調査によれば、ロ シア語が広く使われている東部においてさえ、住民の多くは自立を望ん でいない。現在の国家体制と国境を維持すべきだとした回答は東部 で70%、西部で93%に上った。

原題:East Ukraine Regions Vote on Separation Amid Clashes With Army(抜粋)

--取材協力:Ott Ummelas、Leon Mangasarian、Mark Sweetman、Emma Charlton、Tony Czuczka、Volodymyr Verbyany、David Lerman、Helene Fouquet.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE