コンテンツにスキップする

NY原油(9日):在庫潤沢との見方で続落-100ドル台割れ

ニューヨーク原油先物相場は続 落。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫は十分に 製油所の需要に応じられるとの見方が広がった。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の アナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「週末が近づくに つれ、ファンダメンタルズの解釈が自ずと明確になった」と指摘。「在 庫は先週減少したものの、4億バレルに近い水準を維持しており、十分 過ぎる量だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比27セント(0.27%)安の1バレル=99.99ドルで終了。週間では0.2% の値上がり。

原題:WTI Crude Falls With U.S. Stockpiles Near Record; Brent Slips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE