米国債:利回り曲線がスティープ化、早期利上げ観測の後退で

米国債市場では利回り曲線が週間ベ ースでほぼ8カ月ぶりの大幅なスティープ化となった。米連邦準備制度 理事会(FRB)のイエレン議長の発言を受け、早期利上げ観測が後退 した。

金融政策の見通しに敏感な5年債は30年債よりも堅調となった。イ エレン議長は8日の議会証言で、「力強い景気回復に至る前に金利が上 昇し始める可能性は低い」と述べた。この日発表の3月の米求人件数は 前月比で減少した。今週実施された中長期債の入札では、相場が急ピッ チで上昇し過ぎたとの見方から、需要が7カ月ぶりの低水準となった。

GMPセキュリティーズの債券戦略ディレクター、エイドリアン・ ミラー氏は「期間が短めの国債利回りが低下している」と指摘。イエレ ン議長の発言について、「利上げ開始時期の針を2015年後半に戻し、ハ ト派的なバイアスをあらためて示した。期間が長めの国債利回りは狭い レンジで推移しそうだ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、5年債利回りは前日比ほぼ変わらずの1.63%。週間では 3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下した。同年債(表面 利率1.625%、2019年4月償還)価格は99 31/32。

30年債利回りは前日比1bp上昇の3.46%。週間では10bp上昇し た。5日には昨年6月19日以来の低水準となる3.35%に低下した。10年 債利回りは2.62%。前日比でほぼ横ばい、週間では4bp上昇した。

5年債と30年債の利回り差は今週、13bp拡大し1.83%。拡大は4 週間ぶりで、幅は昨年9月20日終了週以降で最大だった。

今週の入札

今週実施された3、10、30年債の入札(発行総額690億ドル)で は、同じ種類の国債としては需要が昨年10月以来の低水準となった。応 札倍率は2.83倍。4月は2.99倍だった。

米商品先物取引委員会(CFTC)の統計によれば、ヘッジファン ドなど大口投機家の30年債先物に対する買越幅は6日終了週に3万5677 枚と、2月28日以来の高水準となった。前週からは3468枚(11%)増加 した。

一方、投機筋の2年債先物の売越幅は1万4349枚に縮小した。

イエレン議長は7日の議会証言で、インフレや雇用の指標は依然と して金融当局の目標から程遠い状況にあるとし、米経済がリセッション (景気後退)終了から5年たった現在でもなお強力な刺激策を必要とし ているとの認識を示した。経済指標は4-6月(第2四半期)の「着実 な成長」を示しているとしながらも、「職を望む多くの米国民はなお失 業状態にある」と指摘した。

利上げ確率

米金融当局は政策金利を2008年12月以来、ゼロから0.25%のレンジ で据え置いている。

CMEグループの取引所の金利先物動向によると、2015年6月の会 合までに利上げが始まる確率は46%。10月の会合まででは90%となって いる。

ロンバー・オディエ・インベストメント・マネジャーズのグローバ ルストラテジストのサルマン・アハメド氏は「金利は早期には上昇しな いとの見方が強まっていることが支援材料だ。今後数カ月、イエレン議 長のハト派コメントの正当性を経済指標で検証することになるだろう」 と語った。

原題:Treasury Yield Curve Steepens Most Since September on Fed Bets(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE