ダラス連銀総裁:着実な緩和縮小を支持、10月末までにゼロへ

米ダラス連銀のフィッシャー総裁は 当局による債券購入の着実な縮小が望ましいと述べた。100億ドルずつ の縮小を続け、10月に150億ドル縮小してゼロにすることを支持した。

フィッシャー総裁は9日、ニューオーリンズでの講演で「実体経済 に想定外の不安定な展開が起きない限り、当局がこれまでに実施してき た縮小ペースに引き続き賛成票を投じるつもりだ。購入額を会合ごと に100億ドル縮小し、最後に完全になくしてしまうというものだ」と話 した。総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持 つ。

政策当局者は債券購入を縮小していく計画について、10月に購入終 了することを意味するのか、あるいは最後の50億ドル縮小は12月になる のか、これまでのところ示唆していない。

フィッシャー総裁は先月の緩和縮小について、「景気が改善しつつ あることを認識するとともに、預金機関に大量の余剰準備を生じさせた ということを認める」ものだったと発言。「景気拡大を賄うための流動 性は大量にある」と続けた。

原題:Fisher Favors Steady Tapering of QE to Zero by End of October(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE