コンテンツにスキップする

米求人件数:3月401万件に減少-雇用の伸び悩み示唆

3月の米求人件数は前月比で減少し た。

米労働省が9日発表した3月の求人件数(季節調整済み)は401万 件と、前月の413万件(速報値の417万件から修正)から減少した。ブル ームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は413万件。

前月は25万1000件増と、1年ぶりの大幅な伸びだった。1月と12月 は2カ月連続マイナスで、合計25万2000件減っていた。

3月に新たに雇用された労働者は463万人と、前月の470万人から減 少した。

自己都合による退職者は約248万人で、前月からほぼ変わらず。リ タイアや自己都合による退職を除く解雇者は約157万人と、前月の160万 人から減少し、昨年11月以降で最少。解雇率は1.1%に低下し、昨 年10、11月の水準に並んだ。これは記録を取り始めた2000年以降で最 低。

原題:Employers in U.S. Put Out Fewer Help-Wanted Signs in March (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE