コンテンツにスキップする

中国人民元:週間で2012年以来の大幅上昇-貿易黒字拡大で

中国人民元は今週、対ドルで2012年 2月以来の大幅な週間上昇率を記録した。4月の中国輸出が予想外に増 加し、貿易黒字が拡大したことが材料視された。

中国農業銀行インターナショナル・セキュリティーズの調査共同責 任者、林樵基氏(香港在勤)は「貿易黒字拡大と輸出回復を受け、人民 元の下落圧力が緩和されつつある」と指摘。「外需好転で、中国の経済 成長は7-12月(下期)に加速する見通しだ」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は上海 市場で前日比変わらずの1ドル=6.2280元。週間では0.5%上昇した。

ブルームバーグの集計データによると、香港オフショア市場で元 は6.2315元。週間ベースで0.41%高と、昨年1月以来の大きな上昇率と なった。1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前日 比0.1%安の6.2150元。週間では0.6%上昇した。

原題:Yuan Posts Biggest Weekly Advance Since 2012 on Trade Surplus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE