コンテンツにスキップする

タイ:首相失職のインラック氏、5年間の政治活動禁止も

タイ憲法裁判所の判断で首相職を失 職したインラック氏が政治活動を5年間禁止される可能性がある。同氏 が政府の補助金プログラムで損失を防げなかったとして、国家汚職追放 委員会(NACC)が上院に弾劾請求を行う方針を示したためだ。

インラック氏(46)は7日、職権を乱用したとの憲法裁判決を受け 失職。NACCは政府推計で最大210億ドル(約2兆1400億円)の損失 が発生したコメ買い上げ制度の監督を怠り、同制度をめぐる汚職を放置 したとの判断を8日に示した。

NACCの方針に伴い、反政府勢力がインラック氏の実兄タクシン 元首相の影響力排除という目標に一歩近づく可能性がある。タクシン氏 は2006年のクーデターで首相の座を追われたが、その支持勢力は過去5 回の総選挙で勝利している。バンコクでは9日、ニワットタムロン氏を 首班とする暫定政権が7月20日にも実施される総選挙の前に退陣するよ う求め、デモ隊が行進する予定だ。

原題:Yingluck Faces Five-Year Thailand Political Ban After Ouster (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE